原因不明でもここに行けば大丈夫!症状別の対処法

吐き気やめまいなどの症状が続くのは危険信号

まずは耳鼻科か整形外科へ

何故この二つの科を勧めるのかといえば、まず耳鼻科から説明していきたいと思います。
耳には三半規管があります。平衡感覚も担う大切な役割を果たしている器官だと言えます。そのため耳に異常がある場合にめまいや吐き気をもよおす場合があります。有名なものとしてメニエール病の可能性があるので、あまりめまいが続くようなら一度耳鼻科に行って検査を受けた方が良いかもしれません。
次に整形外科ですが、これは首の筋肉が緊張しておこる頭痛によるめまいや吐き気の可能性がまず一つ挙げられます。他にも計椎間板ヘルニアという深刻な症状によるめまいや吐き気という可能性もあるのです。
めまいは人により症状が色々異なります。立ち眩みのように、何だかぐるぐる回っている感じがする場合や、地面がふわふわ揺れている感じがする場合があります。何だかいつもと違う感覚になることが多くなってきたら、一度検査を受けられることをお勧めします。

脳外科も視野に入れて考える

脅かしているわけではありませんし、めまいや吐き気が全てそれが原因というわけではありませんが、脳に異常がある場合もめまいは起こります。
耳鼻科や整形外科に行けば、そこで何らかの診断はあると思うので、まずは医師の診断を受けてから、その可能性を示唆された場合は脳外科に行って検査を受けてみた方が良いかもしれません。
脳が原因である場合は、脳卒中や脳梗塞、くも膜下出血など、深刻な病気が隠されている場合がありますので診断を受けたら早めに検査を受けてください。その結果何もなければ安心ですし、何かあったとしても早めの対処が可能です。たかがめまいと甘く見ず、自分の体の状態をよく観察し、適切な処置をとっていきましょう。


この記事をシェアする