まずは内科か小児科に行けばその後の対応が分かる

頭痛や腰痛の最大の原因

頭痛や腰痛の原因は、大抵は睡眠不足による疲労です。
もちろん他にも原因はあります。しかし大抵は、今日中にやらなければいけない仕事だと考えて、遅くなっても最後までやってしまうことにより睡眠が足りなくなってしまうのです。ある程度抜くところは抜いて、力を入れずに適度に出来ることをやっていくようなスタンスでいた方が体は楽だと思いますが、中々そうもいえない状況にある方が多いのではないかと思います。
最近頭痛がひどいなと思ったら、まずは体をよく休めることが重要です。一日しっかり休息をとり、回復できるように心がけましょう。無理をし続けると状態は悪化するばかりです。頭痛薬を飲んだりして痛みを抑えることはあまりお勧めできません。痛みを抑えたところで根本的な解決にはならないからです。頭痛は体からのSOSと考えて、出来ればゆっくり休みましょう。

普段の姿勢や歩き方を気を付ける

普段の姿勢が悪い方も頭痛や腰痛になりやすいと思います。
特にこれから寒くなってくるので、体に力が入りやすくなり体が硬くなりがちです。硬くなってしまった体は、疲労もたまりやすいので急に姿勢を変えるだけでぎっくり腰みたいな鋭い痛みがはしったりすることがあるので注意が必要です。ぎっくり腰になってしまったら、もうしばらく動かせないので、数日は動かさずに安静にしているのが一番です。そこまでひどくならないうちに、出来るだけストレッチなどで普段から体の柔軟性を保つようにした方が良いと思います。
その他には歩き方に対して注意を払う必要があります。寒いからと縮みこまった歩き方をしていたりしても体は硬まりやすくなりますし、運動不足ですと筋肉は年齢とともに老化していきます。年を重ねても背中や腰を曲げることなく真っすぐとした姿勢で歩けるように、ウオーキングなどの簡単な運動をしていくことをお勧めします。


この記事をシェアする